無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
久しぶりに投稿
現在院試と所属教室での症例発表を控えハードです。両方うまくいくといいです。発信できるものはまた発信していきます。では
| こーた | - | comments(0) | trackbacks(0) |
感染症、呼吸器、内科
臨床では上記が私の今後の中心的な専門ということになります。
cancerや自己免疫も数例ですが、みました。
先日フィリピンにて1月間熱帯医学を学ぶ機会がありまして行ってきました。
といってもどちらかというと途上国感染症と言った方が適切かもしれません。
麻疹、破傷風、狂犬病、日本住血吸虫などが多いですね。
(マラリア、デング熱でさえ戦前日本にあったといいますし‥)
| こーた | - | comments(0) | trackbacks(0) |
研修生活
 あと2カ月で研修医生活も終わりです。

長かったようで短かった2年間。

しんどいこともあったけど鍛えていただいて感謝です。

自分は感染症に興味があるので、そちらの専門に行くことにしました。

これからも時々は更新していくつもりです。

いずれ有益な情報を発信できるようになればと思います。

またよろしくお願いします。
| こーた | - | comments(0) | trackbacks(0) |
マラリア
海外帰りの発熱でマラリアの頻度は高いです。

東南アジアやアフリカの(僕だけかな?)イメージがありますが、

実は一番危険が高いのはパプアニューギニア周囲とも言われているようです。

地域差は存在します。

たとえば、南アメリカでは三日熱マラリアが多いとか。

タイ付近のマラリアはメフロキンという一番効く薬(か?)までも耐性が進んでいるとか。

旅行地域は割と治療を考える上で大切になってきます。
| こーた | - | comments(0) | trackbacks(0) |
救急病棟24時
医療系ドラマシリーズ。 

いろいろなドラマを見てきましたが、かなり現実に近い(臨床的な意味で)ところがあります。

おもしろいです。

日医の救急部が監修していると聞いて納得。

というのもうちの務める某病院では日医の先生がヘルプで来てくれています。

みんないい先生なんですよね〜♪

対照的にD●CT●●●などは結構ウケます。ないです笑。
| こーた | - | comments(0) | trackbacks(0) |
1年目のある1日(外科編)
 現在外科を回っています。ある1日・・・こんな感じです↓

朝7:00起床
7:30病院着、温度板チェック(患者さん一人ひとりの体温や血圧などの状態のチェック)
8:00一人での回診開始(主に話を聞く)
8:30指導医の先生と3人で回診&処置
9:30回診終了、カルテ記述開始
10:30カルテ終了、指導の先生にいろいろ教えてもらう(解剖や縫合方法などについて)
11:00患者さんの歩行に付き合う。
11:30午前終了

13:15手術室入室
13:45手術開始(ソケイヘルニア根治術)
15:30手術終了、そのまま夕回診
16:00夕回診終了し少し雑談などする。
17:00解放される。

17:30研修医室に戻って明日のカンファレンスの準備をする。
20:00明日の一抹の不安を抱えながら終了(笑)。

ってなのが典型的なパターンでした。そんな外科3カ月ももう終わりです。今日は久しぶりに休みもらえたのでこうやって書いてます。


| こーた | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コードブルー・・・
某病院のザール(オペ室)にて、

外科の先生たちは休憩時間控室でコードブルーを見ていました。

ナスさん「出血源が見つかりません!血圧下がっています!!」
山ピー「血管を感じる・・・(的な(笑))」
山ピー血管を捕まえる。
ナスさん「血圧戻ってきました」

そんな馬鹿な・・・って感じで怒ってみんな仕事場へ帰って行きました。

僕なりに解説しますと、出血が止まったと言ってもなくなった血がすぐに戻ってくるわけではありません。ので血が減ったことによって起こった低血圧が押さえただけですぐに戻るって設定はナンセンスに感じます。コードブルーは一応ちゃんとした監修は付いているらしいですが、視聴率を求めるとプロデュ―サーだがディレクターだかはドラマチックな展開にしたくなるのかもしれないすね。こっちとしてはむしろ泥臭いのが見てみたいですけどね。
| こーた | - | comments(0) | trackbacks(0) |
インフルエンザ
子供が熱出したとき、インフルや水ぼうそうを疑ったら、アスピリン使ってはいけません。

なぜなら致死率10〜20%のライ症候群という恐ろしい病気になりかねないからです。

気をつけましょう!

では()/

(大したことないネタで申し訳ないです)
| こーた | - | comments(0) | trackbacks(0) |
医りゅう3
 循内の黒木先生ですか、慢性骨髄性白血病でもう手の施しようがないって・・・

今の時代だいたいイマチニブが効いて5年生存率が90%はあると言われているのに・・・

まあ副作用は多いでしょうけど・・・

果たして手の打ちようはないのか!?
| こーた | - | comments(0) | trackbacks(0) |
いやー試験終わった〜
試験ラッシュ終わりました(本試) 全部受かってるといいですね〜〜。 試験勉強で、 ん?問題文から健康と判断できるはずなのに・・・、何だこの低吸収域は!?まさか橋の梗塞か と思ったらただ飲んでたコーヒーの水滴がついて変色してただけでした(笑) 悩んでた時間返せ//(>皿<)//
| こーた | - | comments(0) | trackbacks(0) |